上方林家 染二爛漫 lot.27

染二主催天満天神繁昌亭シリーズ18年目は、「上方林家 染二爛漫 lot.27」からスタートです。落語あり、マジックありで、新春らしく賑やかに開催です。染二は踊りの素養と体力必須の「天下一浮かれの屑より」を演じます。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。

【日時】2023年1月22日(日) 18:00開演
【会場】天満天神繁昌亭
【番組】
オープニングトーク「初春そ噺」 林家染二
「    」  桂 二豆 
「    」  林家染吉
「お楽しみ」  林家染二
中入り
 マジック   ビックリツカサ
「天下一浮かれの屑より」 林家染二
【料​金】前売・当日3000円(​全席指定)
【お問い合せ】(株)​SOMEJ​I 06-7850-8848


てっぺら13

2022年染二出演納めの会です。いつもお稽古場を提供してくださっている壽光寺様での「てっぺら」シリーズです。年の瀬の慌ただしい時になりますが、一時笑いに是非お越しください。
【日時】12月25日 (日) 15時開演
【会場】壽光寺会館じゅげむ(メトロ四つ橋線「玉出」駅7分・阪堺線「塚西」駅前 )
【番組】
「二番煎じ」(初演) 林家染二
「    」 月亭天使
  中入り
「お楽しみ」 林家染二
【料金】協力金2200円(自由・椅子席)
【お問い合わせ】㈱SOMEJI 電話06-7850-8848


「林家染二独演会2022~染二襲名二十五周年~」ご来場の御礼

染二襲名二十五周年をたくさんのお客様にお祝いしていただき、無事に独演会を終演できましたこと心より御礼申し上げます。また、笑福亭鶴瓶師匠・月亭八方師匠はじめご出演くださいました皆様に御礼申し上げます。今後とも染二は精進してまいりますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。
続いて年内も出演落語会はございますが、天満天神繁昌亭開席以来の染二自主公演「染二爛漫」は、来年1月22日(日)18時~です。染二は「天下一浮かれの屑より」を演じます。こちらも何卒よろしくお願い申し上げます。
写真は「立ち切れ線香」(撮影:佐藤浩氏)です。


林家染二独演会2022~染二襲名二十五周年~当日券について

現在当日券販売予定はごさいません。時節柄、キャンセルが出ましたら、当日券のご案内をさせていただきます。


林家染二独演会2022~染二襲名二十五周年~

ゲストに笑福亭鶴瓶師匠・月亭八方師匠を迎えて、林家染二襲名二十五周年を祝う会。染二は芝居噺や人情噺など四席を演じます。染二の芝居噺のしぐさや染二が演じる女性は必見!人情噺では涙がにじみます。

お昼の部は、幕開け口上から。染二・ゲストの月亭八方師匠・林家菊丸師匠・司会:林家染吉さんが並びます。
染二の一席目は「蛸芝居」。歌舞伎の様々な場面がパロディーとして登場し、魚屋が持って来た蛸までが芝居をするという奇想天外な落語。歌舞伎をご存じない方も、にぎやかに三味線・太鼓が入り楽しんでいただけます。
二席目は「立ち切れ線香」。上方落語を代表する人情噺。はかなくも艶やかに女性を演じる染二落語の世界に涙がにじみます。
八方師匠・菊丸師匠に高座で華を添えていただきます。

夜の部は、落語五席となります。染二の一席目は「茶屋迎え」。「立ち切れ線香」とは違う熟年の恋心を染二が独自の彩りを加えて再構成した、染二の軌跡と言える一席です。
もう一席は「御神酒徳利」。人間は運不運があり、魔が差すということもあります。しかし、真っ正直に生きていればきっと救われる。笑いの中に生きる力があるおめでたい噺です。

鶴瓶師匠に高座で華を添えていただきます。次代を担う鉄瓶さん・ニ葉さんもお楽しみください。
是非ご来場いただきますようお願い申し上げます。

【日時】10月22日(土) 昼の部:13時 夜の部:17時
【会場】エルセラーンホール(ホテルエルセラーン大阪5階・四つ橋線「西梅田駅」より徒歩5分)
【番組】
<昼の部>            
 口上 染二・八方・菊丸・司会:染吉   
 落語 菊丸
「蛸芝居」 染二          
 落語 ゲスト・八方         
  中入り           
「立ち切れ線香」 染ニ

<夜の部>
 ご挨拶 染二
 落語 二葉
「茶屋迎い」 染二
 落語 ゲスト・鶴瓶
中入り
落語 鉄瓶 
「御神酒徳利」 染二

【料金】(各部指定席券)前売・当日4500円 (昼夜通し指定席券)8000円
【チケットお取り扱い】㈱SOMEJI (7月23日発売開始)/イープラスeplus.jp(直接購入はファミリーマート・7月28日発売開始)
【お問い合わせ】㈱SOMEJI 06-7850-8848


1 / 6412345...102030...最後 »