「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.3」再延期お知らせとお詫び

緊急事態宣言延長に伴う内幸町ホール休館により、5月29日「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.3」を再延期させていただきます。チケットをお買い求めいただきましたお客様・関係者の皆様には、心よりお詫び申し上げます。
尚、振替公演は、8月15日(日)14時~内幸町ホールで開催致します。お持ちのチケットは、振替公演でそのままご使用いただけますが、払い戻しをご希望のお客様には払い戻しをさせていただきます。イープラスでお買い求めの方は、準備が整いましたら、再度払い戻し方法についてお知らせさせていただきます。何度もお手数をおかけしまして、誠に申し訳ございません。㈱SOMEJIでお買い求めの方には、こちらからご連絡申し上げます。
お問い合わせは、㈱SOMEJI(電話06-7850-8848)までお願い致します。
一日でも早くコロナ禍が終息することを願っております。


「上方林家 染二爛漫 lot.22」公演延期のお知らせとお詫び

この度、緊急事態宣言〈延長〉に伴う大阪府の要請をふまえて、天満天神繁昌亭の休館延長が決定されました。それによりまして、5月22日(土)の公演は、日程未定ですが、来年1月に露の新治師匠・露の瑞さんにご出演いただく番組で開催を延期させていただきます。ご来場を予定してくださった皆様、心よりお詫び申し上げます。
また、すでにチケットご購入のお客様には、払い戻し、下記2公演への変更、もしくはご希望の方には、来年1月公演決定次第、優先ご予約を承ります。皆様にご迷惑ご不便をおかけ致しますこと、重ねてお詫び申し上げます。
㈱SOMEJIにてチケットお申し込みのお客様には、順次ご連絡させていただいております。繁昌亭・ぴあにてご購入のお客様にもご変更を承りますが、払い戻しご希望のお客様は、それぞれの払い戻し方法の詳細につきまして後日決定次第、当ホームページなどでお知らせ致します。
何卒よろしくお願い申し上げます。コロナ禍の皆様のご健康・ご回復、早期終息を願っております。

【お問い合わせ】(株)SOMEJI 電話06-7850-8848

<ご変更公演>
➀「染二の会~文化庁芸術祭大賞受賞記念~」
【日時】6月27日(日) 昼の部:13時 夜の部:17時
【会場】エルセラーンホール(ホテルエルセラーン大阪5階・四つ橋線「西梅田駅」より徒歩5分)
【番組】昼夜同番組
 口上 林家染二 司会:吉田知生(ビーコン・ラボ 東京演劇道場)
「明石飛脚」 桂しん吉
「天神山~障子曲書き」 林家染二
  中入り
「中村仲蔵」 林家染二
【料金】前売・当日4000円(全席指定)
     ※お差額を頂戴致します。

➁「上方林家 染二爛漫 lot.22」
【日時】7月24日(土) 18時開演
【会場】天満天神繁昌亭
【番組】
オープニングトーク「そ噺」 林家染二
桂源太
笑福亭呂翔
「お楽しみ」  林家染二
中入り
ゲスト 大森くみこ(活動写真弁士)
「土橋万歳」 林家染二
【料​金】前売・当日3000円(​全席指定)


てっぺら7~林家魂!染二・卯三郎二人会~

7回目の「てっぺら」は、染丸門下の弟弟子である卯三郎さんとの二人会です。卯三郎さんには、上方落語の大ネタ「らくだ」ともう一席を演じていただきます。染二は京都の春山での華やかな噺で、旦那と太鼓持ちのユーモラスなやり取りが楽しい「愛宕山」他をご覧いただきます。さまざまな感染対策を講じておられる壽光寺様での落語会。どうぞお越しください。

【日時】6月6日 (土) 15時開演
【会場】壽光寺会館じゅげむ(メトロ四つ橋線「玉出」駅7分・阪堺線「塚西」駅前 )
【番組】
「軽業」 染二
「らくだ」 卯三郎
 中入り
「京の茶漬け」 卯三郎
「愛宕山」 染二
   三味線 はやしや都美礼
【料金】前売・当日2200円(自由・椅子席)
    ※25名様限定・ご予約ください。
【お問い合わせ】㈱SOMEJI 電話06-7850-8848


染二の会~文化庁芸術祭大賞受賞記念公演~

受賞記念公演を例年の独演会会場であるエルセラーンホールにて、開催させていただくことになりました。昼夜公演です。
染二の演目は、受賞演目の「中村仲蔵」と1997年第一回芸術祭参加演目である「天神山~障子曲書き」です。
「障子曲書き」は、別れの言葉を実際障子に筆で、上から下に、下から逆に上へ、そして左手で裏文字。最後には口に筆をくわえて書いていきます。なかなかご覧いただけない難しい芸です。是非この機会にご覧ください。
感染対策での配席でお待ち致しております。
例年の独演会開演時間より1時間早くなっておりますので、お気をつけください。

【日時】6月27日(日) 昼の部:13時 夜の部:17時
【会場】エルセラーンホール(ホテルエルセラーン大阪5階・四つ橋線「西梅田駅」より徒歩5分)
【番組】昼夜同番組
 口上 林家染二 司会:吉田知生(ビーコン・ラボ 東京演劇道場)
「明石飛脚」 桂しん吉
「天神山~障子曲書き」 林家染二
  中入り
「中村仲蔵」 林家染二
【料金】前売・当日4000円(全席指定)
【お問い合わせ】㈱SOMEJI 06-7850-8848


上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.3

延期になりました「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.3」は、5月29日に開催します。
染二の演目は、「不動坊」と「しじみ売り」です。落語にはお家芸と言われる演目があります。東西で演じられる「不動坊」は二代目林家菊丸作。上方では冬の爆笑噺です。笑いを生む中心人物は、上方・講釈師、東京・噺家と、季節も設定も違うのが面白いです。ルーツをお届けします。
冬の噺で演題が同じながら、大きく設定が違うのが「しじみ売り」。東京は鼠小僧次郎吉。上方は人入れ稼業の親方。染二の新版は、親方が登場せず、親方の女将さんが噺の要となります。この演出は、どなたも過去にやっておられません。生活習慣の違いも噺の面白いところで、大阪や兵庫では「十日戎(とおかえびす)」と言い、えびす様の年に一度の大祭です。大阪中が商売繁盛を願う賑わいの中、寒さに凍えたしじみ売りの少年が登場して噺が始まります。江戸とは趣きの違う笑いと情をお楽しみください。
大学の後輩でもある音助さんに助演していただきます。

【日時】2021年5月29日(土)19時
【会場】内幸町ホール(都営三田線「内幸町」駅5分)
【番組】
「時そば」 雷門音助
「不動坊」 林家染二 
中入り
「しじみ売り」 林家染二
【料​金】前売・当日3000円(​全席指定)
【お問い合せ】(株)​SOMEJ​I 06-7850-8848


1 / 5512345...102030...最後 »