新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

令和三年丑年。當り年です。
皆様におかれましては、昨年からのコロナ禍のお辛い時期が続いておりますことお見舞い申し上げます。
この最中、年末に文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞受賞という大きな喜びをいただきました。これからが噺家生活の大きな節目の始まりと心して、年4回の天満天神繁昌亭シリーズ公演や二人会・独演会に加え、昨年再開した東京での公演も本格化していきたいと考えております。

様々なご縁、人の絆に感謝して、上方落語の温もりと楽しさをお届けできますよう心身ともに鍛錬して、芸道精進して参ります。
どうぞご贔屓ご支援の程、よろしくお願い致します。           林家 染二
                                            


延期「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.3」

染二爛漫東京公演lot.3は、2021年2月7日に開催します。
染二の演目は、「不動坊」と「しじみ売り」です。落語にはお家芸と言われる演目があります。東西で演じられる「不動坊」は二代目林家菊丸作。上方では冬の爆笑噺です。笑いを生む中心人物は、上方・講釈師、東京・噺家と、季節も設定も違うのが面白いです。ルーツをお届けします。
冬の噺で演題が同じながら、大きく設定が違うのが「しじみ売り」。東京は鼠小僧次郎吉。上方は人入れ稼業の親方。生活習慣の違いも噺の面白いところで、大阪や兵庫では「十日戎(とおかえびす)」と言い、えびす様の年に一度の大祭です。大阪中が商売繁盛を願う賑わいの中、寒さに凍えたしじみ売りの少年が登場して噺が始まります。江戸とは趣きの違う笑いと情をお楽しみください。
大学の後輩でもある音助さんに助演していただきます。

【日時】2021年2月7日(日) 14:00開演 ⇒ 5月29日(土)19時
【会場】内幸町ホール(都営三田線「内幸町」駅5分)
【番組】
「時そば」 雷門音助
「不動坊」 林家染二 
中入り
「しじみ売り」 林家染二
【料​金】前売・当日3000円(​全席指定)
【お問い合せ】(株)​SOMEJ​I 06-7850-8848


令和2年度(第75回)文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞受賞の御礼

この度林家染二が、令和2年度(第75回)文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞を受賞致しました。
林家染二独演会2020での「中村仲蔵」の成果でございます。
ご来場ご支援いただきました皆様に衷心より厚く御礼申し上げます。
1997年の初参加から23年。1998年・2004年に優秀賞を受賞し、二度目の優秀賞受賞から16年の歳月が流れました。
これもひとえにご贔屓くださいますお客様、師匠・一門・スタッフの皆様のおかげと感謝致しております。
新たなスタートとして、芸道精進して参ります。
末永くご贔屓ご支援くださいますようお願い申し上げます。
photo:佐藤浩


「てっぺら5 ~林家染二おさらい会~」ご来場のお礼

ご来場、誠にありがとうございました。
壽光寺様のご厚意により、8月~毎月開催していただきました「てっぺら」第1期が終了致しました。
来年は元の「壽光寺彼岸寄席」もしくは「てっぺら」、どちらかの形でまた開催できたらと思います。
またよろしくお願い申し上げます。


てっぺら5~林家染二おさらい会ラスト~

今年の納めの会は、12月26日「てっぺら5~林家染二おさらい会ラスト~」です。壽光寺様のご厚意で、8月から毎月開催していただきました「てっぺら」の最終回。昨年こちらで初演した「除夜の雪」の再演です。年忘れとなるよう爆笑落語をご用意致します。
【日時】2020年12月26日(土) 午後3時開演
【会場】壽光寺 じゅげむ(阪堺電車「塚西」駅前、地下鉄四つ橋線「玉出」駅より8分)
【番組】
「開口一番」 桂 雪鹿
「お楽しみ」 林家染二
  中入り
「除夜の雪」 林家染二
【料金】前売・当日2000円(自由席・全席椅子席)
【お問い合わせ】㈱SOMEJI 06-7850-8848