林家染二独演会2022~染二襲名二十五周年~ 東京公演

上方落語寄席囃子の魅力のすべて!落語界唯一の至芸「障子曲書き」!
上方落語林家の総帥四代目染丸一門筆頭の染二が、師匠の前名染二の名跡を三代目として襲名して25周年の記念公演。
「寄席囃子上方風流」では、染二自身が太鼓を打ち、普段は舞台袖で演奏するお囃子を舞台上に並べて出囃子や様々な場面の「はめもの」を実演します。旅の道中・船が出る場面・芸者さん達がいる色街に行く場面・雪の降る場面・幽霊の出る場面などを次々に楽しく演奏と落語の実演ダイジェストでご紹介します。
また、今回は舞台上にお囃子が並んでいる前で、染二が「軽業講釈」を演じます。お囃子とシンクロする落語で、東京でこのような趣向はご覧いただけません。
そして、今回最大の見せ場は、落語「天神山」の最後の場面の演出「障子曲書き」です。別れの歌を障子に書き残す場面で、染二自身が舞台に設営された障子に実際に歌詞を筆で、上から下・下から上・左手で裏文字、口にくわえて筆で書きます。東京でご覧いただくことは、大変久しぶりで珍しい必見の落語です。
助演桂しん吉さんには、夏の風情に「はめもの」がにぎやかな「遊山船」を演じていただきます。
上方落語のお囃子の華やかさを十分お楽しみいただける全編東京でご覧いただけない公演です。

【日時】2022年10月28日(金) 18:30開演(18時開場)
【会場】日本橋社会教育会館(都営浅草線「人形町」駅A6出口5分)
【番組】
オープニングトーク「そ噺」 林家染二
「遊山船」 桂しん吉
 寄席囃子上方風流 林家染二/桂しん吉/桂優々/はやしや律子
「軽業講釈」 林家染二
 中入り
「天神山~障子曲書き」 林家染二
【料​金】前売・当日3500円(​全席指定)
【お問い合せ】(株)​SOMEJ​I 06-7850-8848


「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.6」ご来場の御礼

まだ世情不穏な中、ご来場くださいましたお客様、誠にありがとうございました。無事に終演できましたこと喜んでおります。
次回は、10月28日(金)18時30分開演、日本橋社会教育会館にて「林家染二独演会2022」です。「天神山~障子曲書き」をさせていただきます。東京での第一期最終回となります。ご来場お待ち申し上げます。


「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.6」当日券のご案内

当日券は18時30分より販売します。お電話いただきましたら、当日でもご予約承ります。

染二の演目は、小佐田定雄先生作の「火事場盗人」。5月大阪での初演は、大変ご好評をいただきました。火事場から連れ去られた赤子。闇夜に失せた親子の縁。染二がどう演じるかお楽しみに!もう一席は「お楽しみ」です。
助演は、笑福亭べ瓶さんです。
ご来場お待ち申し上げます。

【日時】2022年7月30日(土) 18:45開演(18時30分開場) ※開場・開演時間にお気を付けください。
【会場】日本橋社会教育会館(都営浅草線「人形町」駅A6出口5分)
【番組】
オープニングトーク「そ噺」 林家染二
「いらち俥」 笑福亭べ瓶
「お楽しみ」 林家 染二
 中入り
「火事場盗人」(小佐田定雄作) 林家染二
【料​金】前売・当日3000円(​全席指定)
【お問い合せ】(株)​SOMEJ​I 06-7850-8848


「上方林家 染二爛漫 東京公演 lot.6」のご案内

染二の演目は、小佐田定雄先生作の「火事場盗人」。5月大阪での初演は、大変ご好評をいただきました。火事場から連れ去られた赤子。闇夜に失せた親子の縁。染二がどう演じるかお楽しみに!もう一席は「お楽しみ」です。
助演は、笑福亭べ瓶さんです。
ご来場お待ち申し上げます。

【日時】2022年7月30日(土) 18:45開演 ※開演時間にお気を付けください。
【会場】日本橋社会教育会館(都営浅草線「人形町」駅A6出口5分)
【番組】
オープニングトーク「そ噺」 林家染二
「    」 笑福亭べ瓶
「お楽しみ」 林家 染二
 中入り
「火事場盗人」(小佐田定雄作) 林家染二
【料​金】前売・当日3000円(​全席指定)
【お問い合せ】(株)​SOMEJ​I 06-7850-8848


「上方林家 染二爛漫 lot.26」ご来場の御礼

「上方林家 染二爛漫 lot.26」にご来場賜りまして、誠にありがとうございました。天満天神繁昌亭での年4回の「染二爛漫」は、無事に終演となりました。このコロナ禍の中、お足運びいただきましたこと心より御礼申し上げます。「猫の忠信」では染二独自も演出も加えて演じ、ご好評いただきました。
次は「林家染二独演会~染二襲名25周年」を何卒よろしくお願い申し上げます。10月22日(土)13時と17時開演です。大阪堂島・エルセラーーンホールでお待ち致しております。