「歴文寄席 芸歴三十周年記念 林家染二落語会」

「浜屋敷」は、江戸末期の庄屋屋敷を復元した、吹田歴史文化まちづくりセンターの愛称です。そこの和室を利用して開催される「歴文寄席」。今回は、染二落語会として開催していただきます。日にちが近づいておりますが、まだご入場いただけますので、昔懐かしいほっとする居心地の良い会場での落語会をどうぞお楽しみください。

【日時】 2015年2月3日(火) 午後2時 開演(午後1時30分 開場)

【会場】 吹田市・吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」
(阪急「相川」から歩10分、JR「吹田」から歩15分、吹田市南高浜町6-21)

【番組】 林家染二「しじみ売り」ほか一席
豊来家大治朗「太神楽」

笑福亭喬介

【入場料】 一般1500円、賛助会員1200円、正会員1000円(自由席・椅子席)

【お問い合わせ】 吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」TEL 06-4860-9731

㈱SOMEJI TEL06-6355-4649



染二の三ツ星2015 vol.1 当日券のご案内

いよいよ明日1月24日(土)18時~繁昌亭にて、「染二の三ツ星2015」が始まります。

明日の当日券は、お立見券(1500円)を17時~販売させていただきます。

お待ち申し上げております。


染二の三ツ星2015 vol.1

天満天神繁昌亭開場とともに始めた、染二が繁昌亭で奮闘する公演シリーズ。9年目のタイトルは、「染二の三ツ星2015」です。2015年1月~7月までの隔月、計4回公演予定です。今年9月11日で芸歴30周年を迎えた染二の来年のテーマは、初心に戻り、まず爆笑していただくこと。近年、人情噺や芝居噺を演じることも多くなりましたが、改めて前座噺も初演しながら、大いに笑っていただける番組としていきます。まずは、初笑いにご来場ください。

【日時】 2015年1月24日(土) 午後6時 開演(午後5時30分 開場)

【会場】 天満天神繁昌亭(地下鉄南森町/JR大阪天満宮 3番出口徒歩3分)

【番組】 「代脈」(初演)    林家 染二

「しびんの花活け」  林家 染左

「胴乱の幸助」    林家 染二

中入り

太神楽       豊来家 大治朗

「三年目」      林家 染二

【入場料】 《全席指定》2,500円(前売・当日同料金)

【お問い合わせ】 ㈱SOMEJI TEL06-6355-4649

【次回以降の予定】 「染二の三ツ星 vol.2」 3月28日(土) 午後6時

「染二の三ツ星 vol.3」 5月23日(土) 午後6時


林家染二独演会 京都公演 ご来場の御礼

Vimana by Y.S presents  「林家染二独演会 京都公演」、大入り満員で終演することができました。

ご来場賜りました皆様、心より御礼申し上げます。

染二の「地獄八景亡者戯」はギャクの連発で、顔の表情も豊かで、おもしろく楽しかったとのお声をいただきました。

ご支援賜りました主催者様はじめご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

残すは東京公演、染二はあとひと踏ん張り致します。

東京にも是非お越しくださいませ。


染二独演会大阪公演の御礼と京都公演情報

大変御礼が遅くなりましたが、独演会大阪公演に多数ご来場賜りまして、心より御礼申し上げます。国立文楽劇場にて三十周年の記念公演ができましたことは、何よりの喜びです。ひとえにご指導いただいております師匠染丸はじめ諸先輩方、またご支援いただいておりますお客様があってのことと深く感謝致しております。

さて、大阪に続いての京都公演が迫ってまいりました。楽しい地獄トラベルの「地獄八景亡者戯」ともう一席は「たばこきらい」(中島らも作)を上演させていただきます。大阪公演とはまた違った染二の高座を観にいらしてください。チケットは、京都・四条通りにありますjwelry「Vimana by Y.S」(℡075-212-7755)様、もしくは㈱SOMEJIにてまだご用意できます。是非お問い合わせください。